症状別ページ

カラダの疲れやコリにおすすめのサプリメント

2021/09/15

カラダが疲れているけどマッサージに頻繁にいくとお金もかかるし、そもそも時間が無くて行けない。だからといって自分でケアをするほど頑張れない。

仕事が忙しいけど、この疲れとコリは取りたい!と思う人はこの忙しい現代では多くなっていくのは仕方ありません。

そんな時に頼れるものの一つとしてサプリメントがあります。

サプリメントで普段取りきれていない栄養を取ることでカラダの中から血行を正常にして、筋肉や細胞の回復を促します。現代の方の疲れやコリ、つまりは体の不調の原因の一つとして栄養失調があります。飽和の時代だからこそ、好きなものが好きなだけ取れる為食事内容が偏りがちなための現代病みたいなものです。

 

健康を維持するために必要な栄養素

生きるのに必要な3大栄養素となる脂質、タンパク質、炭水化物。更にここにカラダを整えるために更に2つミネラルとビタミンが入って5大栄養素になります。

現代不足がちになるのがタンパク質(肉・魚・豆類など)、ビタミン(果物・野菜など)、ミネラル(乳製品、キノコ、海藻類など)の3つになります。

タンパク質はカラダを作ってくれます。それを効率よく吸収などしていくのがミネラル。カラダを整えてくれるのがビタミンになります。つまりこの3つが不足するとカラダに負担がかかった時に回復してくれません。ボロボロになったとしても整えるものも無いので見た目から不健康と言えるほど変わって見えます。

特に美容を意識するなら絶対に必要になってくるものです。

 

1日に必要な量とは?

1日に必要な量は性別、年齢、運動量などで変わってきます。タンパク質60グラムと書いても肉だとどれぐらい?という疑問が出てきます。

その為ザックリこれぐらいで足りる。という分かりやすい指標を書いていきます。

1日3食で考えて1食で握りこぶし1つ分のお肉の量、片手手のひら分のご飯の量、両手いっぱいの野菜と果物の量が1日に必要な栄養になってきます。

 

特に野菜が足りない人が多いですが、必要量は1日350グラム。ハンバーガ―などに入っているレタスの量が15グラム以下なので、お昼にハンバーガーなどのファストフードを食べる方は全く足りなくなります。

 

正しい食事とは?

1日に健康的な食事をとるのは難しいという人が多いため、理想を書いても仕方がありません(理想はバランスの取れた1汁3菜です)。そのため野菜やお肉などを中心にした食事が現代では健康的な食事ということができるでしょうか。その上でまだ不足がちなものはサプリメントなどの栄養補助食品で補っていくのが簡単にできるので現実的です。

 

余りがちな栄養素

これまでは足りないものを書いていきましたが、余りがちな栄養素もあります。カラダを動かすためのエネルギーなる脂質と炭水化物です。この2つは何も気にしなくても摂取する機会が多く、好きなものを選んでいると必然と栄養過多になりがちなものになります。

最近はやりのダイエット方法はこの2つを抜いたり、制限したりするものばかりなのも頷けますね。

困るのは過多に取りすぎることもですが、質の悪いものがカラダに悪さをするのも覚えておきたいところです。酸化した油、GI値(高いほど血糖値を上げやすくなる)の高い食品は特に避けるべきものです。使い続けられているであろう油もそうですが、酸化しやすいサラダ油なども健康的には多く摂取したくないものです。白ご飯やパン、お菓子などもGI値が高い為たくさんの量は食べたくないものです。

 

 

それらを踏まえると砂糖や化学調味料を使って食べやすくしているものもカラダに良くないことがわかります。そしてあまりにも安価なものも使っているものが粗悪なものであったり、保存のためなどでカラダに良くないものが入っている場合などもあるので避けるべきです。特に日本内でしか売られていないサプリメントは欲しい栄養の含有量なども含め疑問が残ります。(科学的な根拠でサプリメントを進めている方は海外のサプリメントをすすめています)

 

ポイントをまとめると

1、疲れやコリを発生させにくくさせるため、カラダを回復させるため食事は大切

2、栄養は食事でバランスよく摂るのが本来は好ましい

3、取り切れないものだけ栄養補助食品(サプリメント)で補助する

4、サプリメントを使う際は効果に根拠のしっかりしたものを選ぶ

 

オススメのサプリメントとは?

日本成人病予防協会推奨品を一つご紹介いたします。

下記リンクからグリーンファイトブレンドとお調べください。(グリーンだけでも出てきます)

植物由来成分を約50種類配合。粉末なので水などに溶かして飲むタイプになります。

原材料の一部として、大麦若葉、ケール、ブロッコリー、南瓜、人参、ゴボウ、ザクロ果汁、トマト、モロヘイヤ、マカエキス、きのこ、醗酵黒ニンニク、大豆、リンゴベリー、クマイザサ、などが含まれています。

 

野菜不足な現代人にオススメです

 

 

タンパク質不足には、やはりプロテイン

プロテイン含有のものもコンビニで手軽に変えますが、砂糖が入っていたりするものも多いため、粉末タイプがやはりおすすめです。粉末プロテインも日本で売れているものは飲みやすさ重視の為、かなり糖質が高かったりしますので、逆に太る原因になるのでしっかり物は選びましょう。

 

プロテインは動物性(ホエイプロテインなど)と植物性(ソイプロテインなど)があり、運動をする方は動物性がオススメ。ダイエットしたい方は植物性がオススメです。

下記リンクにもプロテインがあり、プロテインorミールプレイスメントとお調べください。

植物性プロテイン(エンドウ豆が原料)になるので、カロリーを抑えたい方にオススメです。

 

 

ちなみに、下記リンクからご購入頂くと通常料金よりも少しお得に購入いただけますよ。