症状別ページ

腰痛の人がやりがちなコレダメ!|町田駅から徒歩3分つるまる整体

2021/07/02

腰痛の人がやってはいけない事。

守らないとヘルニア、ギックリ腰になっても知りませんよ。

 

1、急に動く

2、重いものを持つ

3、中腰

4、体をねじる

5、同じ姿勢を続ける

 

当たり前のことですが、意外とやってしまっている事ばかりです。

・朝起きて、勢いよく起き上がる

 

・洗面所で顔を洗う

 

・駅についたら電車が来ていて乗り遅れそうだから走る

 

・満員電車で体が押しつぶされそうになりながら会社のある駅までの通勤

 

・仕事はデスクワーク

 

・昼食を食べた後は一服したり、スマホを見ながらゆっくりしている

 

・仕事が忙しく残業でパソコン作業が続く

 

・帰りの電車は疲れていて、空いていれば座って寝ている。座れなければもたれかかれるところを探して立っている

 

・家についたら疲れているので、ご飯は早々に済ませベッドに入る

 

・休みの日はダラダラとゆっくりしている

 

・でも健康に悪いと思い、たまーに運動をしている

 

 

まぁ、大体の人の1日はこんな感じですかね。

ではこの中でいくつが悪いことに入るでしょうか?

逆に良いことは入っているでしょうか?

 

 

上記の中で身体に悪いことは、ほぼすべてです。

良いことはギリギリ最後の運動が入るぐらいです。

詳しく見ていきましょう!

 

 

・朝起きて、勢いよく起き上がる

急に起き上がるのは危険です。手をついてゆっくり起き上がりましょう。

 

 

・洗面所で顔を洗う

立った状態ですので、中腰です。

顔を洗って体を起こす瞬間が一番危険です。

タオルが横にあったてねじったりしたら尚悪いです。

 

 

・駅についたら電車が来ていて乗り遅れそうだから走る

急に動くのは危険です。

 

 

・満員電車で体が押しつぶされそうになりながら会社のある駅までの通勤

もちろん難しい方もいるかとは思いますが、満員電車を少しでも避けれるように少しでも早めの電車に乗ってみませんか?

難しいなら体幹をしっかり使って腰への負担をすこしでも減らすように頑張って見てください。

 

 

・仕事はデスクワーク

同じ姿勢は腰に負担をかけます。

たまに立ったり、姿勢を変えてみてください。

 

 

・昼食を食べた後は一服したり、スマホを見ながらゆっくりしている

昼食後のゆったりした時の姿勢が一番ひどいです。

座り仕事なら、立つ時間にしませんか。(座り仕事なら疲れているのは頭だけですから、体は疲れていないはずですから余裕ですよ)

 

 

・仕事が忙しく残業でパソコン作業が続く

上にもあったように同じ姿勢が続くと腰への負担が大きくなります。

忙しい中でも姿勢は変えながら負担を減らしてください。

 

 

・帰りの電車は疲れていて、空いていれば座って寝ている。座れなければもたれかかれるところを探して立っている

座りかた、立ち方最悪です。

いい睡眠を得るためにも寝ることはオススメ致しません。

 

 

・家についたら疲れているので、ご飯は早々に済ませベッドに入る

疲れているならケアする時間を1分でいいので作りませんか。

 

 

・休みの日はダラダラとゆっくりしている

普段から運動不足なので、ダラダラするのは余計に疲れてしまいます。

運動までいかなくても少しは動かれると疲れが取れやすいです。

 

 

・でも健康に悪いと思い、たまーに運動をしている

急な運動は気をつけないと体を逆に疲れさせてしまったり痛める原因にもなりえます。

日々運動されているなら良いですが、たまーになら強度は低いものを選びましょう。

 

 

 

こう見ていくと、意外とやっているもんですよね。

そりゃあ腰痛がよくならないわけです。

良くするためにも、痛めないためにも日々気を付けてみてくださいね。

 

あとは、固くなっていて動きが悪い状態を放置しない事、固くなっているなら今すぐつるまる整体へ!