症状別ページ

反り腰の日本人はほとんどいない「それって本当に反り腰?」|町田駅から徒歩3分つるまる整体

2021/06/18

反り腰になっている人は実際にいますが、座ると猫背になっていませんか?

それは反り腰の中でも原因が骨盤や骨格ではないものです。

 

反り腰とは?

骨盤の前傾が強くなっているせいで、腰が反りお腹が前に出る姿勢に自然となってしまう状態の事です。

 

座ったら骨盤が後ろに倒れて、お尻がベターっとついているのは反り腰の人では考えにくい状況です。

つまりは反り腰ではありません。

 

でも反り腰みたいに立っているとお腹が前に出てきてしまうのは何故なのか?

答えは実はすごーく簡単。

 

自分を支えられていないから、

つまり立っている時に楽しすぎです。

 

正しい姿勢は確かに体に負担が少なく楽な姿勢です。

でも、勘違いしないでください。

 

楽は力を使わないことではありません。

 

正しい姿勢は体幹を使って自分をしっかり支えて、どこか一点に負担が来ないようにしている状態です

 

 

それが出来るのは普段からやっているからです。

普段から楽している人が急に姿勢を正しても、すぐ疲れてしまい元の悪い姿勢に戻ってしまうのは、使ってこなかった筋肉を使い、意識し続けているからです。

 

コレに当てはまるのが日本人の大半の方です。

みんな片足重心で、立っていてもフラフラして、歩いていても立っていてもお腹が前に出ている状態です。

 

だから反り腰だと思うわけです。

でも、何回も書いてあります通り反り腰ではなく、体が筋肉を使うことをサボっているだけです。

 

 

ちなみに、

座って猫背になるのも大体原因は同じです。

 

 

本当に反り腰で困っている。

立っても、座っていても腰は反ってしまう。

脚は内股になり気味。

腰を痛めやすい。

 

このような方は反り腰になります。

しっかり骨盤から変えていきましょう!

 

そうでない人は、まず正しい姿勢を作るところからです。

やり方を知る事。(間違えると体痛めます)

その状態になれるお身体にケアする。

自己流でやらずに、今の状態をまず把握できるように是非つるまる整体へ!

 

みなさんのお困りを施術で変えていきます。

気になることがありましたら、来られた際に何でも聞いてください!

 

みなさまのお越しをお待ちしております。