症状別ページ

仕事ができる人は自分のケアを当たり前のように出来ている|町田駅から徒歩3分つるまる整体

2021/06/14

仕事ができる人と仕事ができない人。

明確な違いとしては自分がすべきことがわかっている事。

 

その中でも特に自分の健康に注目している人が多いです。

当たり前のことですが、仕事するのに大事なことは第一に自分が動けること

すなわち健康であるということが絶対になります。

 

病弱でこの人大丈夫?という人が会社のトップにいることは見たことがありません。

役員などの上に名を連ねる方も同様です。

肩がこる、頭が痛い。

そんなことを言っている人が大事な会社の方針を決められるのでしょうか。そんな人がトップだったら不安ですよね。

 

 

そうならない為に、自分の健康を大事にする。

という当たり前のことをしているのが、トップの中でも仕事ができている人の特徴になります。

 

では実際に何をしているのか?

ケアといえば、マッサージ的なことを考えるかもしれませんが、出来る方は自分で管理することを選びます。

すなわち運動です。

ジムに通ったり、走ったりと毎日どこかの時間で運動しているのではないですか。

毎日と行かなくても週3回は出来ているではないでしょうか。

 

 

筋肉を使っていれば血流が良くなり頭にも血液がまわるので、頭を使う立場の方にはぴったりです。

 

そのうえで無理が出たりしたら、すぐ対処するために整体などを利用している人も多いようです。

 

実際に役員などのトップの方の中でもお話していて「この人は仕事ができる人だ」と思えた方はやはり運動をしていました。

 

 

でも調子が崩れたり、自粛期間でジムに行けないなどで身体の調子が保てない時にはしょっちゅう整体を受けに来られていました。

 

やはり、出来る人は自己管理が徹底的にできているのだと改めて思い知らされました。

 

そんな方達を目指す。今仕事を頑張っている方達へ。

是非自己管理を徹底的にして仕事が当たり前にできる体を作っていってください。

 

まずは運動。

キープできないところや、くずれそうなら整体。

 

これで身体を作って、是非偉くなってください!