症状別ページ

自分の身体が歪んでいることは忘れてください|バランス改善するなら、つるまる整体へ

2021/04/09
つるまる整体

日ごろから身体が歪んでいる気がすることありませんか?

・よく足を組む

・立っていると重心が左右どちらかに行く(片足重心)

・荷物はいつも同じ法で持つ

・書くときにいつも身体がねじれている

・首が傾いている

書いているときりが無いぐらいに、バランスが崩れるとでてくる影響がたくさんあります。

 

整体でも「左右の脚の長さが違いますよ」なんて言われたことあるんです。

と言ってくる方もかなり多く、みなさんバランスの崩れはやはり気になっている様です。

 

だからこそ、その歪み一度忘れてください。

 

 

歪んでいるからと気にして、右で脚を組んだから次は左で組めばバランスが良くなる。

右脚が長いと言われたから、右足に負担がかかるようにしている。

こんなことをやってもバランスは良くなりません!!

どころかバランスが崩れた状態に更にバランスを崩しにかかっているので、まっすぐではなく、バランスを取るためだけの左右ぐちゃぐちゃの訳のわからない状態になってしまいます。

 

ちなみに、脚の長さが左右差があったから何かいけないのでしょうか?

たまたま最近忙しくて、片側に疲れが寄っているせいでバランスが崩れているだけかもしれません。それなら疲れを取ってあげれば、自然と脚の長さは整います。

生まれつきの長さの差でなければ、今の左右差の違いなんか気にしても意味はありませんので、言われても聞き流して大丈夫ですよ。

 

 

バランスを整えてまっすぐになりたい!

ただそれですよね。

 

だからこそ、一度自分の歪んでいることは忘れましょう。

 

 

バランスを整えるためにやる事は単純です。

1、バランスを崩している元を取り除く

2、まっすぐいられるように、体幹を使えるようにする。

3、バランスが悪くなるようなことをしない

 

以上です。

 

バランスを崩している元は整体師さんに任せましょう。

もちろん長い月日で悪くなっているなら、時間は掛かるでしょうがお任せするのが早いです。

そして、自分では体幹を使えるようにして、まっすぐいられる身体を作っていきましょう。いくら身体のバランスが良くなっても、キープできないとすぐ元の状態まで崩れてしまいますからね。

 

更に、キープさせるために後は悪いことをしなければ完璧です。

 

 

右がどうとか、左がどうとかは整体師さんにおまかせして、バランスを整えるために必要な事は整体師さんに聞いて実践するのが、今の状態の最善が見つかるかもしれまん。

 

気になる方は是非、一度つるまる整体までお越しください。

今の状態から必要な事をお伝えしていきます。

 

最後に最初にいくつか出したバランスが崩れたと思う行動は、身体の姿勢がいい方はやりません。といいますか、やるためにはバランスを崩さないと出来ないのです。