症状別ページ

寒い時期に気をつけたい3つのポイント

2020/12/16
つるまる整体

寒い時期に気をつけたい3つのポイント

 

寒い時はどうしても肩がこったり、体の疲れが抜けなかったりと大変ですよね。

そんな中でも絶対にこれだけは気を付けてのポイントがあります!

 

①暖かくし過ぎない

部屋を暖め過ぎたり、来ている服を着こみすぎたりするのはオススメしません。

部屋を暖め過ぎると、その部屋以外のトイレや廊下、お風呂場などで「ヒートショック」が起きる可能性があります。

まだ若くても、お酒を飲んだ後や疲れている時はリスクが上がってしまいます。

 

着こみすぎたりもよくありません。

自分の体温調整機能が弱くなってしまう原因になります。

低体温(エアコンの使いすぎも原因に)、冷え性の方は特に自分の熱を使うことが大事になります。

 

 

 

②急に動かない

体が冷えている、体が疲れている。

こんな時に急に体を動かしたら、体がついてきません。

そのせいで、腱を痛めたり、つったり、痛みが出たりすることだってあります。

寒いからと動かないのは体にとっても良くないので、寒いからこそ少し動きませんか。動かれるときは体を温めるところからゆっくり始めましょうね。

 

 

 

③水分補給はしっかりと

寒い時に水分をとるとトイレに行きたくなる。

寒い時に水分をとりたくない。

そんな事になっていませんか?

水分が不足すると、体の疲れ、こむら返り、肌質の低下(乾燥)、静電気、疲れが取れないなど身体にとっては悪い影響しか起こりません。

 

夏場ほど汗をかくことはないのですが、息を吐くことでも水分は失われます。

身体の為に水分はしっかり取りましょう!

お酒やジュースは水分に入りませんよ。

 

これらのことは最低限気にして欲しいものです。

寒いから動かずに、部屋から出ないと体にも悪いですし、何よりも太ります。

正月あけて後悔しない為にも気にしてあげてくださいね。