症状別ページ

視力が悪い人は肩がこりやすい?|町田駅から徒歩3分のつるまる整体です

2019/08/10
視力悪い

視力が悪い人は肩がこりやすい

 

 

視力が悪いとなぜ肩がこるのか?

 

なぜかと言いますと、視力が悪いと視界が悪く見えないことが多いです。

例えば電車の中刷り広告とか道路の標識とか、、

 

このようなことが日常的に常に起きている状態です。

 

視力の悪い方はそれを見るためにいったいどうするか、視力の悪い人ならすぐわかると思います。

そうです、一生懸命に見ようとして目を凝らしてみたり、一点をずーと見たりして頑張ってみようとしますよね。

 

これを繰り返していくと目が常に緊張してしまい、疲れた状態の眼精疲労が常にあるのが当たり前になってきます。

目の神経が過敏な状態ですので、神経伝いに体を緊張させてしまいます。

これが体のこりになっていくのが、まず肩こりになってしまう原因の1点目。

 

2点目は見えないから見ようとしていると、自然と顔が前にどんどん出てきていませんか?

その姿勢はカメのような感じで、横から見るとなかなかにすごい姿勢になっていますよ。

これがストレートネックにつながります。

そして、それが原因となって肩をこらせてしまいます。

 

このような感じで他にも肩こりの原因を作っていき、視力が悪いだけで肩がこってしまいます。

 

 

では、これをどうしたらいいのか!

答えはみなさんがきっとわかるはずです。すごい簡単なものです。

 

ただ「視力矯正をすればいいんです」

分かりにくいですね、もっと簡単に言いますと、

眼鏡をかけたり、コンタクトレンズをすればいいんです。

 

たったこれだけです。

結構頑張って裸眼で過ごしている視力の悪い多いのですが、無理せずに眼鏡した方が良いですよ。

年齢を感じたくなくて老眼をしないで頑張っている人いますが、老眼鏡、ルーペでも構いません。使いませんか?

もちろん度の合っていないものをかけても肩こりは消えません。

 

 

視力が矯正されることで今まで見えにくくなっていたものが、すんなりと見えるので頑張って見ようとして疲れていたものが無くなります。

 

ですが、ただ一つ大事な点があります。

コレを結局変えないと肩こり変わりません。

それぐらいに大事なことは顔を近づけて見ることをやめること。

 

やめていかないと姿勢が良くなりません。姿勢を良くしないと肩こりは取れません。

姿勢改善はつるまる整体でも変えることが出来ます。

あと、目の疲れを取っていくコースもあるので合わせてご利用ください。

 

この機会に肩こりを無くしていきませんか。

つるまる整体へのご予約・お問い合わせは下記リンクからお願い致します。